2014.06.28 大好きな友達
伊豆高原にあった施設、ドッグフォレストでお友達になった、マイル君

仲良し

うちのツバサがドッグランデビューした時、すぐに仲良しになった。

アニキ

優しいお兄ちゃん的存在

モモとは同世代、1つ先輩 お互いが「空気」のような存在

1歳違い

モモとツバサとマイル

元気で、走ったり、ボールや枝をハムハムするのが大好き。

通称

誰にでも優しく、ワンコにも僕らにも。

集合写真

週末、いっつもみんなと遊んだ。

みんなと

水泳

泳ぎが得意で、みんなで海に行ったりもしたね。

海男

何をするにも一緒だった。

伊東でロケ

兄弟

君の笑顔は忘れない

モモとツバサの大事な友達

僕らが大好きなマイル

ありがとう

                    平成26年6月22日 永眠 11歳7ヶ月3日

                        ご冥福をお祈り申し上げます。
スポンサーサイト
2013.04.12 涙・・・
4月9日、NHKで「21頭の犬たちふるさとの旅」というドキュメンタリー番組を見ました。

東日本大震災による原発事故の影響で、飯舘村から避難した21頭の犬たちが里帰りをするという内容。

岐阜県のNPO団体が、飯舘村の犬たちを30頭あまり預かり、2年の間に4頭は家族の元に。

6頭は家族に会わないまま死んでいった。

岐阜から飯舘村まで車で、2日間かけての大移動、2年ぶりに故郷で過ごせる時間はわずか3時間。

あの原発事故から2年経った今、家族も村に住めない、犬たちが暮らしていたころの故郷の風景も今は無い。

家族との再会を果たしたワンコ、変わり果てた故郷にとまどう子もいれば、懐かしい家族に会い嬉しくしている子

除染作業をしたため、その子たちが使っていた犬小屋まで廃棄物の山に。匂いも残っていない。

番組の中であるワンコのおとうさんが言った言葉が印象的でした。

「土地は忘れても人間は忘れなかった。」


番組の始まりから終りまで、涙、なみだ、ナミダでした。

ワンコを飼っている者として、とても悲しく辛く切ない思いになりました。

時間が掛かるかもしれませんが、21頭の犬たちが元の家族と故郷で暮らせるようになってほしいです。